ハムスターの飼育ケージを衣装ケースと100均グッズで作成しました。その2

僕の家で飼っている

ブルーサファイアジャンガリアンハムスターの

「ふく」くん。

前回の記事では

衣装ケースを使って

「ふく」くんのお家を作りました。

ハムスターの飼育ケージを衣装ケースと100均グッズで作成しました。
私の家では昨年6月ころより”ハムスター”を飼育しています。 種類はブルーサファイアジャンガリアンハムスターで名前は「ふく」くんといいます。 下の娘が名付...

今回はさらに

衣装ケースで作ったお家に

ハムスターにはとっても重要な

温度管理機能を

付けてみたいと思います。

 

ハムスターは寒さに弱い!

 うちのハムスター

「ふく」くんが我が家に来る前に

パールホワイトハムスターの

「まろ」ちゃんという名前のハムスターがいました。

「まろ」ちゃんは体の小さい子

だったのですが

お家に来た時期が

4、5月ころで

その時は夜中、朝方にかけては

まだ寒い時期でした。

僕の家族も

ハムスターに対する知識が

あまりなかったので

お家に来て2日目に

動き方に異変があり

(横になったり

目をつぶったりしていました)

その異変が

ハムスターの命に係わる

現象だとは気づかず

次の日には動かなくなっていました。

ハムスターの疑似冬眠は危険。

後ほど

ネットで調べたところ

「まろ」ちゃんが動かなくなっていたのは

疑似冬眠という状態であったことが

わかりました。

疑似冬眠という名の状態ですがハムスターは

元来、冬眠する動物ではありません。

疑似冬眠は人間でいう低体温症であり

呼吸が小さく一見すると死んでいるように見えます。

疑似冬眠になってしまったら

30分以内に体を温めて、

目を覚まさせてあげることが必要です。

1時間も疑似冬眠の状態でいると

死んでしまうことがほとんどの様です。

「まろ」ちゃんは

疑似冬眠のまま目を覚ますことなく

死んでしまいました。

※疑似冬眠についてはこちらのサイトを参考にしました。

https://woriver.com/12427/

温度管理を出来るようにする。

「まろ」ちゃんを飼っていたときの

反省も踏まえ

作成した「ふく」くんのお家に

ヒーターを取り付けます。

使用しているのはこちらの商品です。



ジェックス シートヒーターS (小動物用ヒーター)

このヒーターでお家の床面を温めています。

衣装ケースの下側はスキマがある場合があるので

板を敷いたりして高さを調節してください。

また、お家内部の

温度がわかりませんので

100円ショップの”ダイソー”で

温湿度計、

それを取り付けるリング

フックを購入し取付ました。

15度以下にならないように

温度管理をします!!

気温の寒い日は

ヒーター

+

天井の上にカイロ

を置いたり、

バスタオルをかけたりして

お家内部の温度が

低くなりすぎないように

管理しています。

置き型の回し車を設置しました。

温度管理はバッチリ出来るようになったので

「ふく」くんの

運動不足解消のために

置き型の回し車も設置しました。

衣装ケースではタテ型の回し車を

取り付けるためには

壁に穴をあけるなどの加工をする

必要があるため

置き型の回し車を購入しました。



Yiteng ペット用品 ハムスター 回し車 走る おもちゃ シャベル付き清掃用 ストレス解消 ケージアクセサリー フライングソーサー回し車 (ブルー)

「ふく」くんの運動不足が

これで解消されるといいなぁ。

「ふく」くんのお家もどんどん

進化させて過ごしやすくしていきたいです。

そして

「ふく」くんにはずっと長生きしてほしいと

家族一同心から願っています。

本日は僕のブログを

最後までお読みいただき

本当にありがとうございました!!

※あくまでも素人のDIY記事です。

参考程度に作業を行ってくだされば幸いです。


アイリスオーヤマ 収納ボックス 衣装ケース ふた付き 丈夫 頑丈 大型 キャリー 幅44×奥行74×高さ35cm ネイビー クリア