スキマ時間で収入アップ!「3万円」稼げる副業

月「3万円」稼ぐのって難しいんでしょうか?

おそらく、

月「10万円」を”本業”を持ちながら稼ぐのは

かなり大変だと思います。

”本業”を持っている人は時間が限られているので

一日の時間を”副業”に費やせるのは

それほど長い時間ではない為です。

では月「3万円」ならどうでしょうか。

月3万円稼ぐ為のヒントはコチラの記事にありました。

スキマ時間で収入アップ!「3万円」稼げる副業 - ライブドアニュース
国が働き方改革を唱え、大企業にも副業解禁の波が押し寄せています。これを機に副業をはじめてみようと考えている人もいるでしょう。会社員がスキマ時間に稼げる副業の...

スポンサーリンク


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

「あと3万円」の収入アップを目指すレベルであれば、いろいろな方法がある。

国が働き方改革を唱え、

大企業にも副業解禁の波が押し寄せています。

これを機に副業をはじめてみよう

と考えている人もいるでしょう。

会社員がスキマ時間に稼げる副業の種類は多角化し、

環境も整ってきています。

最初から大々的に取り組むのは難しくても、

「あと3万円」の収入アップを目指すレベルであれば、

いろいろな方法があります。

自分に合った副業を探すための最新事情を解説します。

まあ、

なかなか大変な時代になってきましたね。

これを逆にいってしまうと、

「帰宅後も”仕事”をしないと

生活が成り立たないかもしれないけど

そこはなんとか頑張ってね」

と遠まわしに言われていると

僕は解釈しています。

💀す気か!!

と。

とは言っても”自分で考えてお金を稼ぐ”ということに

働くことへの喜びをみんなが思い出すチャンス

かもしれませんね。

だいぶポジティブに言ってみました。

ですが、

”仕事”と”労働”って似て非なるものですから。

”仕事”って自発的に行うものではないかと

僕は思います。

副業ネタを探すには情報収集から

副業をはじめるには、まずはネタ探しです。このネタ探しの段階でつまずいている人も多いのではないでしょうか。まずは情報を整理するために、他の人がどんなところで副業のネタを探しているか、情報源を整理してみました。

副業プラットフォームでマッチング

フリーランスや副業で仕事をしたい人と、そうした人たちに何らかの仕事をしてほしい企業をつなげるマッチングサービスも増えています。人手不足の中、企業にとっても労働者にとってもWin-Winな関係を構築することができます。例えば、「Webライターとして1本いくら」「テストの採点で1人分いくら」などの仕事があります。

求人サイトで「副業可」の案件を探す

求人サイトでも「副業・ダブルワークの方もOK」という条件の求人も増えてきました。転職やバイト探しと同じ感覚で探してみるのもひとつです。最近は副業やダブルワーク可のお仕事について特集が組まれたり、検索条件として設定できることも多くなりました。一度、のぞいてみるのもいいかもしれません。

自分の人脈から探す

今までの人脈の中で副業に結びつく仕事がないか、一度棚卸ししてみるといいかもしれません。よくあるケースは、前職の経営者からの依頼、現在の仕事で関わっている人からの依頼です。人手不足はさまざまな業界で課題となっています。

副業の探し方はその人それぞれかと思います。

人脈(コネ)があれば一番いいですが、

現在はネットで色々なことを調べることが出来ますので

自分で検索して自分に合った”副業”を

いくらでも探すことが出来ます。

スマホでいつでも検索出来ちゃいます。

とっても便利な時代になりましたね。

自分の技能を活かしてそれを解決することができれば、

先方にも喜ばれて一石二鳥です。

日頃から副業をはじめたいと周囲に話す、

久しぶりに連絡をとってみるなど、

地道なことからスタートしてみましょう。

なにごとも”自発的”に。

スポンサーリンク


”副業”を行うための”ヒント”

スポットコンサル型で稼ぐ

何かの知識や技能をもっている場合は、時間を切り売りしてコンサルティングやセミナーで稼ぐという方法もとれます。空いた時間を有効に使えば、プラスアルファの収入として効率的に稼ぐことが可能です。ひとまず登録だけでもしてみる価値はあるかもしれません。

実働型の仕組みを使う

自分が実働することでお金を稼げる、そんな仕組みに乗っかるという手もあります。例えば、「Uber Eats」で出前の配達員をするなどは、特に技能がなくてもはじめることが可能です。語学が得意な人なら、「conyac」など、外国語の翻訳サイトで翻訳の仕事をするなども視野に入ってくるでしょう。

販売系の仕組みを使う

ヤフオクやメリカリ、アフィリエイトサイトなど、既存の販売系の仕組みを使って稼ぐ方法も考えてみましょう。典型的なのは、オークションへの出品・転売やアフィリエイトです。副業といって構えることなく、手軽にお金を稼ぐことが可能です。継続的に結果を出せるようになれば、副業を脱して、本格的に起業するための道にもなりえます。

自ら本格的な事業展開をする

最後に、誰かに頼るのではなく、副業といえども本格的に事業を展開していく方向です。開業届を提出して個人事業主になる、会社設立して社長になるなど、副業というよりも兼業に近い形態といえます。

一番手っ取り早いのは

なんといっても”実働型の仕組みを使う”だと

思います。

言うなればアルバイトですね。

これに勝るものはありません。

が、

僕も10代後半、20代前半頃に

アルバイトの”掛け持ち”を

経験したことがありますが

まあキツイですね。

おススメはあまりしません。

職場に対する責任が2つになりますからね。

資格や特技があれば

”スポットコンサル型で稼ぐ”がとても

効率良く稼げると思います。

まさにこのために取得したような

”資格””技能”であるので

無駄なく活用すべきです。

特に資格、技能もないのであれば

”販売系の仕組みを使う”のが良いでしょう。

初心者でも気軽に始めることが可能です。

ただし、それなりの”稼ぎ”を継続的に得るためには

それなりの”勉強”が必要です。

今はネットで様々な

情報が氾濫していますので

色々、吟味し”本当に有益”な情報を選別して

行う必要があるかもしれませんね。

”自ら本格的な事業展開をする”は

副業の範疇を超えていますのでこちらに踏み切れるなら

僕なら”独立”の道を選ぶかも・・・

ですが要領の良い方ならこれも

器用にこなせるのかな、とも思います・

この段階になると、最初は月数万円の売上だとしても、立派に事業としてやっていくわけですから、対外的にも「経営」といえるでしょう。税務申告について税理士と顧問契約を結ぶなど、しっかりとした経営管理が求められます。また責任ある事業展開には時間の捻出がカギになります。ある程度、事業が軌道に乗ってきたら、退職して本格的に起業することも最初から選択肢に入ってくるでしょう。

まあここまで行くと

起業段階での投資もある程度必要になると

思いますのでなかなか大変だと思いますが、

最終的には”ここ”を目標に持つのが

良いと思います。

志を高く持ったほうが

目標をどんどん高くしていけるので

「月3万円」

「月5万円」

「月10万円」

を達成して行くのも

全くの夢ではありませんね。

どのタイプの稼ぎ方が

あなたに合っているのか?

実際に色々経験を重ねて

あなたに合う副業のカタチを

是非見つけてみて下さいね。

本日はこのブログを

最後までお読みいただき本当に

ありがとうございました!!

元手ゼロで月3万円が入ってくる!最新「スマホ副業」のすべて 2017年 04 月号 [雑誌]: BIGtomorrow(ビッグトゥモロー) 増刊

副業、副収入、仕事に関する記事まとめ
”副☆活 ~副業時代を生き抜く副業活動~”の副業、副収入に関する記事まとめです。  スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});&nbs...

コメント

  1. NickNick より:

    コメントありがとうございました。また、リンクもありがとうございます。

    私の方でもaany1024さんのブログにリンクさせていただきました。これからもよろしくお願いしますねー。

    月にコンスタントに3万は頑張りたいところです。が、本音は月に10万くらい欲しいものです。

    参考になる記事ばかりですね。また読みに来させてください。

    • aany1024 より:

      NickNickさん
      承認頂き本当にありがとうございます!
      リンクから遊びに行かせていただきますね。
      これからもどうぞよろしくお願いいたします!